ヘアサイクルチェックする

薄毛や抜け毛でお悩みの方に、市販の濃密育毛剤をつかってケアをした気になっていたりはしませんか?

勿論、それも効果がないわけではないのですがそれだけで安心していては決していい結果にはならないでしょう。

ヘアサイクルチェックする

薄毛や抜毛予防するためには髪の毛のことをもっとよく知らなくてはいけません。

そこで、大切になってくるのがヘアサイクルと呼ばれるものです。

髪の毛のメカニズムとして、実はそれぞれ髪の毛には寿命があり生え始めてから成長期になり、それが太く強い髪に成長して退行期へと入り脱毛するというサイクルがあるのです。

正常な人にとっては、この成長期というものが最も長いのですがAGAと呼ばれる薄毛が進行しやすい状態の人はこの成長期が極端に短くなるのです。

つまり、強く太い毛が成長しきる前に抜けてしまうので薄毛が目立ってくるというわけなのです。

新しく毛を生やすことよりもまずはヘアサイクルがどのような状態なのかをチェックすることが必要なのです。

薄毛予防に最も効果的な手段になるのは、新しく毛を生やすことよりも如何にして長い間自分の髪の毛を強く頑丈で居続けさせられることができるか、というところをしっかりと調べるべきなのです。


コラーゲンは育毛の味方なんです!

コラーゲンは育毛の味方なんです!

薄毛や脱毛への対策、というのはとにかく時間がかかるので根気が必要になってくる物です。

そして、育毛剤などもまた正しく使用していれば効果を望むことができるのでどんなものがあるのかということを知っておくと自分にあった物や、より効果的な物を選ぶことができます。

育毛剤の中でも、特に今注目されている物というのがコラーゲンが配合されている物です。

コラーゲンは、かけても吸収されないから意味がないんじゃ?と思う人もいるかもしれませんが、確かに吸収こそされませんが育毛剤にコラーゲンが配合されている物の使用用途は吸収を目的にしているものではないのです。

頭皮や髪の表面に滞留させることによって保湿効果を促し、髪の成長期をより長く保つことを助けてくれるのです。

髪の成長期を長くしてやることは、それだけ髪を太くすることにつながりますし、髪全体のボリュームアップにもつながるのです。

成分の一側面だけを見ていると、効果のほどを見失ったりすることもありますので、一体どういうケアがどの部分に効果があるのか?ということを細かく調べてみましょう。

使い方によっては、非常に高い効果を生むこともありますしその逆もまた同じようにあり得ますからね。


頭皮はデリケートに扱いましょう

一時気、育毛や発毛は頭皮に刺激を与えることで促進を促すというような説も広まったこともありましたね。

育毛剤にも、そんな刺激の高い物を使ったりして清涼感をアップしたりするようなこともあったりしたのですが、これは実際はもってのほかといってもいい手段なのです。

頭皮はデリケートに扱いましょう

頭皮というのは非常にデリケートな部分ですのであまり刺激を与えすぎると頭皮へのダメージとなり、折角髪の毛を生やすための部分を悪化させてしまうこともあるのです。

確かに、清涼感のあるシャンプーや育毛剤は体感的に何か効いてる、と感じる人もいるかもしれませんがこれは頭皮を刺激しすぎているだけですからね。

実は、育毛するどころか育毛の阻害にもなりますのでやめた方がいいです。

育毛の一番の大前提として覚えておかないといけないのは、頭皮を傷つけないということなのです。

しっかりと油分や皮脂汚れを落とし、保湿しておく、これだけでも十分な育毛効果につながるのです。

薄毛に悩まされている人はついついあれこれやってしまったり、もっとやった方がいいんじゃないかと過剰にやりすぎてしまったりすることが多々ありますからね。

何事もほどほどが一番効果がある、というのを肝に銘じておきましょう。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Buzz This
Share on GREE
Share on StumbleUpon
Pocket