ダニやノミというのは、害虫の中でも最も存在が小さいと言えます。

肉眼ではまず見えませんし、そもそもダニやノミがいるかどうかも分かりません。
しかし、それが非常に厄介な要因となっているのです。

しかも、仮にダニやノミがいると分かったところで、ほとんど見えないような相手を、どのように駆除すればいいのでしょうか?

市販で販売されている、薬や殺虫剤を使用するのも1つの方法ではあります。

ただ、それで完全に駆除するのは難しいですし、そもそも駆除できたかどうかの実感も湧きづらいです。
もっとも、ダニやノミが一匹たりともいない状況を作り出すなんてまず無理ですし、多少は存在してもそこまで害はありません。

ですから、薬や殺虫剤はもちろんですが、部屋全体を定期的に掃除をすることで、ある程度はダニやノミの数を減らすことができるのです。
そして、何よりダニやノミの発生を予防することが、最も大事なことだと言えるでしょう。

基本的にダニやノミは、湿度が高く湿気が多く、ゴミが散乱していているところを好むのです。

したがって、日常的に換気を行い、布団やじゅうたんなどの湿気やすいものは外に干すようにし、ゴミなどは極力床に落とさないようにしましょう。